移住者インタビュー

*「子育ても終わり、夫婦で田舎暮らしを楽しみたい!」「子供たちを自然の中で育てたい!」「海のそばでマリンスポーツを満喫したい!」「自給自足の生活をしたい!」「古民家に住みたい!」
色んな夢を持って、この房総に移住して来た方、セカンドハウスを持たれた方に、購入前、購入後の暮らしぶりなどをインタビューしてみました!

安田裕康様

今回の移住者インタビューは、今から13年ほど前、当サイトが田舎暮らし専門の不動産会社として初めてインターネットで物件を売り出した頃に移住してきた安田裕康ご夫妻!
その当時はまだ30代で結婚前。岡山で陶芸家としての修行を終えた裕康さんは「登り窯」を建てるための土地を捜すべく婚約者を連れ房総にやってきたのでした。
購入したのは長柄町六地蔵。人里離れた山奥の林道脇の雑木林?山?いわゆる「山林」です。
それを一からお二人で抜根伐採!
山の斜面を削り住居を建てられる平坦地も作り上げ、念願の登り窯と住居をほぼ自分たちの手で完成させたのです。
そして開墾から5年もの月日を費やし、平成19年春に陶芸家として初釜の火入れを迎えます。
その間、お二人は結婚し、かわいい娘さんも授かり今では小学4年生に成長!着実に生活の基盤を長柄町で築き上げてきました。
30代前半から始めた房総での田舎暮らし!そのお二人の生活の変化を知る私たちとしても、とても興味深いインタビューとなりました!
安田裕康様
年代
40代
ご家族構成
夫婦 子供1人 愛猫1匹
ご職業
陶芸家
どこからの移住ですか?
岡山
現在お住まいの地域
長柄町

Q1.田舎暮らしを始めようと思ったきっかけは何ですか?

陶芸家として生計を立てるために、焼き物をどこでやるのかが問題で、思う存分登り窯で煙をあげても大丈夫な場所を捜した場合、人里離れた山奥である必要があったからです。
修行を積んだ岡山でさえも、登り窯の煙はいろいろと問題になっていたので、、、民家や畑でさえも近くにあると大変なんです。

Q2.房総を選んだ理由は何ですか?

色んな意味で僕にとってはバランスの取れた場所でした。
これは色んな生産者にも言えると思うのですが、大消費地の東京に近く、しかも安くて大きな土地を購入できる!
そして千葉の空気を吸った瞬間、ここが一番、自分の窯を建てた時に暮らしやすそうと感じたのです。
気候風土や出会った人たちも良かったのかもしれません。あとは武田さんに出会ったのも大きいですよ。いつか恩返しをしたいと思っているんですけどね~!

Q3.購入前と購入後での生活の変化は?

修行も終わり、陶芸を生業として生きていくぞ、と決意して念願の登り窯を建てられる土地を購入しました。
なので、一番の変化は、自分が陶芸家として生活の基盤をこの地で築いていくのだ!という決意だったと思います。

Q4.田舎暮らしで、チャレンジしたことは? また、これからチャレンジしたいことは?

無我夢中で、この地に生活の基盤を築き気付いたら娘は小学四年生。いつの間にかPTA会長に(苦笑)
その間、15年ほどの月日が流れ色んなことが見えるようになってきました。
最近ではPTA会長という役職のおかげで町と関わることも多くなり、10年先20年先の長柄町の事も考えるようになってきました。
なので、お世話になった長柄町に何か恩返しができないかな~と地域おこしのようなことをやりたいと思い始めたんです。
地元に溶け込むと色んな才能を持った人たちに出会います。その交流の中で、みんなで協力しあって「長柄町に恩返し」ができたらいいなと思っています。

自分が移り住んで間もない頃に、開墾の手助けをしてくれた移住者の先輩に何か恩返しをしたいと伝えたら、「自分たちに恩返しをしなくて良いから、いつか同じ立場になって新しく移住してくる人たちの手助けをして。」と言われました。
かっこいいでしょう!この言葉が胸に響いて、「新しい移住者への手助け」ができたらいいなとも思っているんです。

Q5.これから移住される方、セカンドハウスを購入される方へのアドバイスをお願いします。

移住してくる人の気持ち次第というところがあると思います。
田舎で暮らしたって都会のような生活を送ることはできますから。

後から、その地域に移り住み、世話になるんだという謙虚な気持ちがあれば色んな所から救いの手が伸び助けられますよ。自分たちがそうでしたから。。。その地に調和するということが本当に大事だと思いますよ。
最近では色んな情報が蔓延していて頭デッカチになり過ぎてがんじがらめになって、、、理想と現実が違いすぎたのか田舎暮らしをあきらめて出て行く人もよく見受けるんですよ。
机上の上での田舎暮らしではなくもっと自分の直感を信じて柔軟に対応できれば、もっともっと入り込む余地があると思います。

安田夫妻の田舎暮らしの歴史は、ある意味、当サイトの歴史でもあるかもしれません。
小さな種がやがて芽を吹きツルを伸ばし成長していく過程を見ているようです。
そんな安田夫妻が長柄町六地蔵に築き上げた「城」「六地蔵窯」ぜひ現地をこの目で見て欲しいです。
フェイスブックでも、山の暮らしぶりを発信中!

新着不動産情報

鴨川市下小原 ☆ 2380万円 ☆ 4LDK+古家

鴨川市下小原 ☆ 2380万円 ☆ 4LDK+古家

土地面積
宅地:905.93㎡(274.04坪)
山林:766㎡(231.71坪)
農地:2543㎡(759.25坪)※
建物面積
居宅:延べ149.66㎡(45.27坪)
古家:162㎡(49.00坪)

明治天皇即位の大嘗祭献上米に使用された長狭米で知られる米どころ鴨川市の長狭地域。
... 続きを見る »

いすみ市岬町江場土 ☆ 1330万円 ☆ 2SDK

いすみ市岬町江場土 ☆ 1330万円 ☆ 2SDK

土地面積
462.00㎡(139.75坪)
他に私道持分あり
建物面積
57.55㎡(17.40坪)

いすみ市の海とラグーンに近いミニ分譲地の一角に建つコンパクトな平屋建て!!
少し... 続きを見る »

緑区高田町 ☆ 1880万円 ☆ 287坪〔古家付き売地〕

緑区高田町 ☆ 1880万円 ☆ 287坪〔古家付き売地〕

土地面積
949.68㎡(287.27坪)
建物面積
――

千葉市なの?と思ってしまうのどかな農村エリアにある昭和レトロな古家付き売地。
敷... 続きを見る »

いすみ市岬町和泉 ☆ 1380万円 ☆ 6DK

いすみ市岬町和泉 ☆ 1380万円 ☆ 6DK

土地面積
1207.06㎡(365.13坪)
建物面積
146.06㎡(44.18坪)

移住者に人気のいすみ市!物件は太東灯台のふもとにある農村集落に建つ古民家です。
1... 続きを見る »

大多喜町 ☆ 5980万円 ☆ 古民家+離れ

大多喜町 ☆ 5980万円 ☆ 古民家+離れ

土地面積
3114.65㎡(942.18坪)
他に道路面積49.58㎡(14.99坪)あり
建物面積
古民家:360.12㎡(108.93坪)
離れ:延べ117.46㎡(35.53坪)

明治初期の築と言われる大型かやぶき古民家!なんと農家住宅ではなく文化財レベルの代官屋敷... 続きを見る »

長南町豊原 ☆ 1380万円 ☆ 2K

長南町豊原 ☆ 1380万円 ☆ 2K

土地面積
2123.69㎡(642.41坪)
建物面積
76.71㎡(23.20坪)〔未登記〕

都内からアクセス良好な長南町!活発に交流を深める移住者の多いエリアですよ!
続きを見る »

鴨川市天津 ☆ 4500万円 ☆ 5SLDK

鴨川市天津 ☆ 4500万円 ☆ 5SLDK

土地面積
458.00㎡(138.54坪)
建物面積
延べ261.07㎡(78.97坪)

あなたは海派?それとも山派?
海が目の前に広がる立地環境を手に入れたい~!!とい... 続きを見る »

長柄町上野 ☆ 4680万円 ☆ 4SLDK

長柄町上野 ☆ 4680万円 ☆ 4SLDK

土地面積
1393.4㎡(421.50坪)
他に私道持分あり
建物面積
延べ166.24㎡(50.28坪)

房総半島中央部の森の中に広がるリゾート地“リソル生命の森”は、「いきがい・絆・健康・くつ... 続きを見る »

いすみ市岬町和泉 ☆ 1憶1000万円 ☆ 売スタジオ

いすみ市岬町和泉 ☆ 1憶1000万円 ☆ 売スタジオ

土地面積
2236㎡(676.39坪)
建物面積
延べ149.04㎡(45.08坪)

昔から外人別荘地として有名だったいすみ市岬町!!!周囲もおしゃれなお宅が多いエリア! 続きを見る »

茂原市本納 ☆ 2180万円 ☆ 5LDK

茂原市本納 ☆ 2180万円 ☆ 5LDK

土地面積
826㎡(249.86坪)
他に私道持分あり
建物面積
延べ135.38㎡(40.95坪)

ネギが有名な茂原市本納!特産のネギを使った「葱ッペ餃子」が美味しいと評判ですよ!本納の... 続きを見る »